×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



肌荒れと乾燥について

肌荒れがおきる主な原因と言われている乾燥との関係について紹介していきます。季節にもよりますが、肌荒れでも乾燥肌で悩んでいらっしゃる方は多いのではないかと思います。

季節では寒い時期の秋から冬や、暖かくなってくる春先にかけて体が痒くなるなど、季節の変わり目に乾燥による肌荒れが多く見られると思います。

乾燥肌は体の水分蒸発を防いでいる角質層の衰えや、角質層を保護している皮脂膜の分泌が衰えることにより肌は乾燥し、体全体の水分量が低下することによって起こります。

一般的には20〜25歳位までをピークに体の水分量が減少し、新陳代謝の衰えがあらわれてきます。毎日しっかりと保湿ケアをしないと肌の水分バランスが壊れ、カサカサになってしてしまい、酷い方がアトピー性皮膚炎になってしまう方もいらっしゃいます。

肌の乾燥が見受けられる方は、保湿効果の高い化粧品や洗顔料を選び、使うように心がけましょう。また、エアコンが効いている室内は肌が乾燥しがちになります。

室内は50〜60%の湿度が最適なのですが、人間の肌には若干高めとなる60〜65%が良い状態ですので、自由がきく自宅では加湿器などを用いて60%を維持するようにしたいです。

水で濡らして絞ったタオルを室内にかけておくだけでも湿度をアップさせることができますので調整します。特に冬場は室内の空気が乾燥し、カサカサ肌になりますので、肌に良い状態の湿度を保つ事が大切となります。



Copyright (C) 肌荒れ対策・改善情報室. All Rights Reserved.